個人情報保護方針

利用者及び利用者の家族に関する秘密の保持について

  1. 事業者は、利用者の個人情報について「個人情報の保護に関する法律」及び厚生労働省が策定した「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」を遵守し、適切な取り扱いに努めるものとします。
  2. 事業者及び事業者の使用する者(以下「従業者」という。)は、指定通所介護サービスを提供する上で知り得た利用者及び利用者の家族の秘密を正当な理由なく、第三者に開示また提供することは一切ありません。また、この秘密を保持する義務は、指定通所介護サービス利用契約が終了した後においても継続します。
  3. 事業者は、従業者に、業務上知り得た利用者または利用者の家族の秘密を保持させるため、従業者である期間及び従業者でなくなった後においても、その秘密を保持するべき旨を、従業者との雇用契約の内容とします。

個人情報の保護について

  1. 事業者は、利用者から予め文書での同意を得ない限り、指定通所介護サービス担当者会議等において、利用者の個人情報を用いません。また、利用者の家族の個人情報についても、予め文書での同意を得ない限り、指定通所介護サービス担当者会議等で利用者の家族の個人情報を用いません。
  2. 事業者は、利用者及び利用者の家族に関する個人情報が含まれる記録物(紙によるものの他、電磁的記録を含む。)については、善良な管理者の注意を以て管理し、また処分の際にも第三者への漏洩を防止するものとします。
  3. 事業者が管理する情報については、利用者の求めに応じてその内容を開示することとし、開示の結果、情報の訂正、追加または削除を求められた場合は、遅滞なく調査を行い、利用目的の達成に必要な範囲内で訂正等を行うものとします。(開示に際して複写料等が必要な場合は利用者の自費負担となります。)

個人情報の共有について

必要が生じた場合、下記について個人情報の共有を行います。

  1. 利用者の病状変化等により通所介護サービス計画の変更を行う場合
  2. 利用者に係る居宅介護支援事業者等に対し、利用者の状況またその他報告が必要となった場合
  3. 利用者に係る居宅介護支援事業者と指定通所介護サービス担当者会議を行う場合
  4. 他の通所介護サービス事業者へサービスの利用を移行するに際して必要な情報の提供を求められた場合
  5. その他、提供する指定通所介護サービスの提供のために情報の共有が必要となった場合